春のコーデは柔らかさか

春の男性のファッションは女性の華やかさや美しさ、優しさを演出する色やコーディネートと同様、男らしさや強さをアピールするものよりも、男性の包容力や若々しさを演出するような柔らかいラインや色をコーディネートすることに心がけるのがよろしいのではないでしょうか。春の日差しは目にも優しく、また、街もパステルやまだ淡い木々の葉に彩られますので、シャープさや原色などの強い色目では浮き出る印象が強くなります。ファッションの大切なところは調和と個性でありましょうから、風景や街、日差しなどと調和を取ることを念頭に置きながら、それでいて自分の個性を出すことに重点を置くこともまた大切です。例えば、柔らかい色目でソフトなラインのカーディガンに足下は黒や濃い茶系のシューズを履くことで、春らしい寒暖を表現したり、パステル系のものに少し原色を採り入れたアイテムを持つことで、夏に向かっていく春の息吹を表現してみてはいかがでしょうか。男性はどうしても、強さや男らしさを強調しがちですが、特に春に強調したいのは包み込むような優しさと申せます。これは女性の心理から考えると分かりやすいのでしょうが、冬の寒々とした、またイルミネーションなどで派手派手しく彩られた風景から、コートを一枚脱ぐことで内面の優しさ、柔らかさの中で刺々しくない落ち着いた暖かさに包まれる心地よさが求められる季節であることを考えると、いたって自然なことであるのではないでしょうか。人が春を愛でるのは、淡いピンクの桜や、霞がかかったように咲き誇る菜の花の黄色に、厳しい冬を越えてようやく春を迎えることの出来た安心感が本能的に働くからとも申せます。冬は空も澄み、鮮烈な雪の白さなど視覚的にも非常に直接的な風景と申せますが、春は空も霞み、花も霞み、視覚的にもどこかぼんやりとした淡さに包まれた風景と申せます。そこに降り注ぐ陽光によってさらに淡く、柔らかく映える色目とライン。思わず女性が包まれたいと思う男性の包容力を演出することこそがコーデのポイントと申せましょう。

季節感は大事なことだ

ごく普通に生活されていれば、ファッションというのは昔からあるもので、代々受け継いできた文化と言っても過言ではないのでしょう。そんな中、ファッションにはそれぞれの季節ごとにファッションの良さを見せ、季節感を感じさせてくれる最も大事なことなのです。 それでは、そんな季節感を感じさせてくれるファッション・・・・

見出しかここをクリック